エラ削りの整形手術の評判は

卵型の小顔は、女性の憧れです。

全体的に四角のようだったり、エラの部分が出っ張っている輪郭は、女性にとっては大きな悩みです。 最近ではメイク技術の発展も目覚ましく、大抵のコンプレックスはメイクでごまかすことは可能ですが、顔の輪郭ばかりはメイクでもなかなかごまかしきれるものではありません。 エラは顔の下顎の骨の後ろ部分(下顎角)、口の上げ下げを行う咬筋、頬の部分にある脂肪(バッカルファット)が出っ張っていることが原因です。 エラをなくし、美しい顔型の理想とされている卵型になるには、手術で下顎角や咬筋、バッカルファット、原因となっているそれぞれの除去が必要になります。

しかし、本格的な整形手術はさすがに躊躇してしまう女性も少なくありません。 咬筋が張ってエラがある人の場合は、緊張をなくすボトックス注射という方法もあります。 ボトックス注射は手術の必要はありませんが、効果も期待できない場合も多く、 さらに下顎角が突き出た原因でエラ張っている人の場合は、ボトックスでは効果はなく、原因の下顎角を削る、 除去する方法しかありません。

エラ削り整形の名医:よこはまエーブクリニック
脂肪注入の名医:ヴェリィ美容形成クリニック

エラ削りの手術は、かなりのリスクがある手術であることは確かです。

特に下顎角を除去する、いわゆるエラ削り は、現在では日本でも普及しているプチ整形とは違い、かなり大掛かりな手術になります。 エラ削りの手術は顎の後ろ側からメスを入れ、骨を削る手法が一般的ですが、この手術によって顔面の運動に必要な神経や筋肉を傷つけてしまう事故などの可能性があり、顔面麻痺などの後遺症も問題となっています。 また、傷も残ってしまい、美容整形の意味をなさなくなってしまいます。 最近では口の内側からメスを入れてエラ削りを行う場合もあるので、傷は残らないと評判です。

しかし、筋肉や神経を傷つけてしまうリスクはまだ残っており、術後から回復までの時間、いわゆるダウンタイムも2習慣から1ヶ月はかかると言われています。 手術の時間は1時間ほどと、それほど長い時間はかかりませんが、ダウンタイムや抜糸までの時間がかかってしまうのも難点です。 術後数日間は洗顔やメイクも控えなければならないので、お仕事をされている女性には難しい手術と言えるでしょう。 費用も諸経費入れて60万から100万ほどです。 整形手術の費用としては妥当な額ではありますが、決して安価ではありません。 中には日本よりも費用が安い上、整形特にエラ削りの手術が盛んな韓国で手術を行った人もいますが、言語や文化などの違いもあるので、評判の良い美容整形外科を探すもの一苦労のようです。 できれば日本国内で評判の良い医者を探す方がリスクも低いと思われます。

つづく手術後のもしものための相談窓口

ホーム